日本

戸隠神社に行く前のチェックポイント5つ

2018年8月13日

  1. HOME >
  2. トラベル >
  3. 日本 >

戸隠神社に行く前のチェックポイント5つ

2018年8月13日

戸隠神社参りに関する情報-アクセスや駐車場情報-などを、5つのポイントにまとめました。行かれる際の参考になさってください。

別記事にて戸隠のおいしいお蕎麦屋さんもご紹介しています。合わせてどうぞ!

①戸隠神社には5つのお社があります

戸隠神社は、霊山戸隠山のふもとにあり、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社から成り立っています。
信州随一のパワースポットですので、参拝は五社全部行かれるのが良いかと思います。
Togakushijinja-map

②戸隠神社五社はどう回ればよい?

五社のうち、一番時間を要するのが奥社です。長野市方面からは最も奥にあり、登山に近い道のりですので、お参りにも時間がかかります。
ですので、奥社→九頭龍社→中社→火之御子社→宝光社と北から南へ下ってくるか、逆に上がって行くかが効率よく回れます。



全てを回る時間がない方は、奥社と中社を。少し立ち寄る程度の方でしたら、中社に行かれるのが良いと思います。

五社間のアクセスと所要時間

宝光社から中社まで:車で5分
中社から奥社参道入口まで:車で5分
五社の中では一番南にあたる宝光社から奥社まででも10分超で行ける距離です。

③戸隠神社五社はどんな神社?

五社それぞれをご紹介します。

戸隠神社 奥社(おくしゃ)は山登りのような道のり

奥社は戸隠神社の本社で、登山道の入口にもあたり、登り道が続く最も険しい神社です。片道約40分。歩きやすい靴と服装で出かけましょう。
九頭龍社(くずりゅうしゃ)は、奥社とほぼ同じ位置にあります。

参道入口の大鳥居 ここから奥社まで約40分かかります。

随神門 奥社参道の中間点。ここまではゆるい坂道で、ここから徐々に登りがきつくなっていきます。

樹齢400年のクマスギ並木が500mにわたって続きます。

最後の登りだけは急坂。距離は長くないが、最後が登りというのがツライ..

奥社:戸隠神社の本社

ほぼ横並びに九頭龍社があります。五社の中で最も歴史のあるのがこの九頭龍社です。雨乞い、虫歯、縁結びの神様なんだそうです。




バス停がふもとにありました。バスで行かれる方は時間を確認ください。

戸隠神社五社観光の中心:中社


戸隠神社五社の中で中心的な役割を担っているだろう中社(ちゅうしゃ)です。規模も大きく、観光地図でも一番大きく表示されています。

オススメの蕎麦屋「うずら家」は、この中社の鳥居に向かって右手すぐにあります。

戸隠神社-火之御子社-

火之御子社(ひのみこしゃ)は五社の中では最もこじんまりしてました。天鈿女命(あまのうずめのみこと)という女神様を祀る神社です。
この鳥居の横に2〜3台おける駐車スペースがあります。

御朱印・御守りなどは中社で受け付けています。お社には社務所はありませんので、ご注意下さい。




戸隠神社-宝光社-

約270段の階段を上った先にあるのが宝光社(ほうこうしゃ)です。江戸末期に建てられた社殿と拝殿の彫刻が見所です。

この階段を登ります。

階段が多いので、足腰が弱い方は注意です。階段の途中から「女坂」という階段ではない迂回道がありますが、ここも比較的急な坂道です。



④戸隠神社 奥社の駐車場だけは有料


車で行かれる方のために、駐車場の情報です。(2018年6月現在)
参道入口の近くに駐車場があります。コイン式のゲートがある駐車場と係りの人がいる駐車場です。
奥社参道入口横のコイン式駐車場

参道入口の真向かいにある駐車場

料金はどちらの駐車場も600円です。

休日や繁忙期にはこの近隣の空き地も駐車場として解放されるようです。

奥社以外の四社は、すべて無料駐車場がありました。どこも山門前や徒歩圏内にありますので、すぐに見つかります。




中社の駐車場(社務所に一番近い)

中社の駐車場Map

⑤戸隠神社の御朱印をもらう方の注意点!

今回、五社全ての御朱印をいただいてきましたが、注意が必要なお社が2箇所あることがわかりました。
火之御子社と宝光社です。
火之御子社には社務所がなく、宝光社も繁忙期以外は不在の場合があります。その場合は、中社でニ社の御朱印をもらって下さい。




宝光社の270段の階段を登り切って、お参りして、社務所に行ったら「御朱印は中社まで」って貼り紙があってショックを受けました(笑)
中社に行った後だったので、270段を登って降りて、中社に戻って...気をつけましょう(^^;)

  • この記事を書いた人

Dr.Mory

金融業界歴22年のファイナンシャルプランナー。得意分野は、保険とローン・資産運用。旅行業界の経験から旅行プランニングも行ってます。猫と旅行・ガジェット類が好きです。

-日本

© 2020 FPと旅行の情報サイト | Dr.Mory.com