ドバイでメトロやトラムに乗ってみよう

ドバイでの一番メジャーな移動手段は「タクシー」です。料金も高くなく、多くのタクシーが走っているので、観光で行かれる方は「移動の基本はタクシー」で間違いないでしょう。(ぼったくりも少ないですしね)

でもせっかくなので、ローカルな乗り物にも乗りたい!という方は、ドバイメトロやトラムに乗ってみましょう。

ドバイ・メトロに乗ってみよう

ドバイ・メトロは、いわゆる「都市電鉄」で、ドバイ市内を横断して走っています。

三菱商事・三菱重工業・大林組・鹿島建設・Yapi Merkezi社(トルコ)のジョイントベンチャーによって作られた鉄道で、世界で一番長い「無人自動運転列車」でもあります。(ドバイには世界一がたくさんありますね)

ドバイ・メトロの路線・運行時間

ドバイ・メトロにはレッドラインとグリーンラインの2つの路線があります。

ドバイ・メトロ

ドバイ国際空港にもレッドラインの駅がありますし、下記のような観光地にもメトロで行くことができます。

観光地名最寄り駅
ブルジュ・カリファ/ドバイモールブルジュカリファ・ドバイモール
(Burj Khalifa/Dubai Mall)
ゴールド・スーク/スパイス・スークアル・ラス/バニヤス・スクエア
(Al Ras/ Baniyas Square )
ドバイ博物館/オールド・ドバイ
( パキスタヤ地区 )
アル・ファヒディ
(Al Fahidi)

その他、モール・オブ・エミレーツやドバイ・マリーナなどへもメトロで行くことができます。

ドバイ・メトロの運行時間は下記のようになっています。

曜日土曜日~水曜日木曜日金曜日
時間05:00~24:0005:00~01:0010:00~01:00

*始発・最終電車時刻は、各駅によって違いますので、必ず現地で確認を取って下さい。

 

ドバイ・メトロの乗り方と料金

メトロに乗るには現金もしくはクレジットカードで切符を購入します。切符の種類は、主なものに「レッドチケット:1回限りの切符」「シルバーカード:SuicaのようなICカード」「1日乗り放題券」の3種類があります。それぞれ比較表を作成しました。

カード名種類特徴乗車料金(AED)その他
レッドチケット1回券通常の切符T1: 4.00
T2: 6.00
T3: 8.5
発券代が2AED必要
シルバーカードICカードsuicaタイプのICカード。
チャージして使用。5年間有効。
T1: 3.00
T2: 5.00
T3: 7.5
カード代金25AED(19AED分チャージ済み)
乗り放題券1日券メトロとトラムで使えます。22AED発券代が2AED必要

乗車券の料金の見方ですが、移動するエリアで価格が決まります。
上記の路線図で、同じ数字内の移動でしたらT1の料金、隣の数字に移動するならT2、2つ移動するときはT3となります。

レッドチケットと乗り放題券は、どちらも紙でできた切符で、発券料が2AEDかかります。
どちらもリチャージすることは可能ですので、1日乗り放題券で翌日も使用する場合は、発券代はかからず、20AEDをチャージして使えます。


レッドチケットは10回までチャージできますが、最初に買った区間と同じ区間までしかチャージできません。最初にT1区間でチケットを購入した場合は、チャージもT1区間のみということです。T2まで行きたい場合は買い直しとなります。
有効期間は5日間です。

ドバイ・メトロ
こちらがレッドチケット。

シルバーカードは、25AEDで購入しますが、19AED分チャージされていますので、カード代そのものは6AEDです。また、同じ区間移動してもレッドチケットより乗車料金が安いので、複数回乗車予定の方は、シルバーカードの購入もおすすめです。

ドバイ・メトロ
こちらがシルバーカード。

レッドチケット・乗り放題券は券売機でも購入できますし、窓口で買うこともできます。シルバーカードの購入は窓口になります。(シルバーカードのチャージは、窓口・券売機どちらも可能です)

ドバイ・メトロ
窓口は改札の横にあります

メトロに乗る際は、日本の切符のように改札に入れるのではなく、タッチします。(レッドチケットもシルバーカードもタッチ型です)

ドバイ・メトロ
「Tag Here」のところにカード(チケット)をかざしましょう。

おすすめはシルバーカードの購入

区間の料金が安く、乗る時もスムーズなので、複数回乗車するならシルバーカードをお勧めします。

最初に窓口でシルバーカードを購入してしまえば、後は券売機でもチャージできますし、ドバイモールの最寄り駅等は、とても混んでいて窓口は行列になっている事も多いので、いちいち並ばなくても良いシルバーカードが便利だと思います。

カードのチャージは券売機でもできます

カードのチャージは券売機でもできます。

ドバイ・メトロ
こちらが券売機

チャージの仕方:まず券売機の右下のカード置き場にカードを入れます。

ドバイ・メトロ

次に画面の左下の「Card TOP UP」をタップします。

ドバイ・メトロ
右下にカードを入れるとTop Upのボタンが現れます。

チャージする金額を選んでクレジットカードもしくは現金を投入します。

ドバイ・メトロ
チャージしたい金額を選びます

ドバイ・メトロに乗るときの注意点(重要)

メトロ駅構内・車内では以下の事項が禁止となっています。旅行者といえども「知らなかった」では済まされません。罰金が科せられますので要注意です。

    • 車内では、水やガム、飴などすべての飲食が禁止です(薬もダメです)
    • 車両内の居眠り・それが原因の乗り越し
    • 女性&子供専用エリアあり。(男性は入れません。専用車両じゃなくて専用エリアになります)

日本では電車で寝ている人が多いですが、ドバイでは禁止なので注意しましょう。また、日本との違う点として、車内で電話している人がたくさんいます。(電話はOKなのです)

ドバイ・メトロ
男性は、女性と子供専用エリアには入らないように注意!

スーツケースを持っていても大丈夫です

ネットの記事で、スーツケースを持っては入れないと書いてあるのを見たのですが、持ち込んで大丈夫です。
ですが、大きさには制限があります。写真を撮ってきたので、確認をしておいてください。

ドバイ・メトロ
上記のような大きさの制限があります

ラゲッジスペースがある車両もあります。時間によっては混み合う可能性もありますので、大きな荷物を持ち込む際には、この車両に乗ると良いのではないかと思います。

ドバイ・メトロ
車内にラゲッジスペースがある車両があるので利用しましょう

券売機はおつりが出ない?!

券売機で現金でチケットを購入する方は、おつりに注意しましょう。
何と「おつりは出ません!
大きな紙幣しかない場合は、窓口で購入しましょう。
万が一、券売機で購入してしまった場合は、購入した際に出てくるレシートを持って、窓口に行っておつりが欲しいと言って下さい。氏名やパスポート番号・電話番号を書いてと言われて用紙を差し出して来ますので、記入すれば返金してくれます。
もしかしたら、機械や駅によって異なるのかもしれませんが、僕はおつりが出なくて窓口で返してもらったので…ご注意を。

 

ドバイ・トラムに乗ってみよう

ドバイ・トラム

ドバイ・トラムは、2014年11月に運行を始めた路面電車です。ドバイ マリーナ エリアを中心に走っています。運行時間は下記のようになっています。

曜日土曜日~木曜日金曜日
時間06:30~25:3009:00~25:30

*上記時間は「アルスフォウ駅」の発着時間です。

ドバイ・トラムの路線図は下記のようになっています。

ドバイ・トラム
ドバイ・トラムの路線図

「Dubai Marina Mall」「Dubai Marina」でメトロと連絡しています。

 

ドバイ・トラムの乗り方

各駅に自動券売機がありますので、行き先までのチケットを購入しましょう。チケットは、乗車前と降車後にホームに設置されているカード読み取り機にタッチをしてください。(「ピッ」という反応音がします)

トラムには改札がありませんので、必ず読み取り機を通してから電車に乗り込んでください。

メトロ同様、シルバーカードやレッドチケット・乗り放題券も使えます。

ドバイ・トラム
このような読み取り機がありますので、タップしましょう。

 

ドバイ・トラムに乗る際の注意点

トラムに乗る際にも注意点があります。

  • トラム内では、水やガム、飴などすべての飲食が禁止です(薬もダメです)
  • 車両内の居眠り・それが原因の乗り越し
  • 黒と黄色に塗られた横断歩道以外でトラム路線を渡ると、1,000AEDの罰金
  • トラム線路上にゴミを捨てると500AEDの罰金
  • トラム線路との交差点で赤信号中に車で線路に進入すると最高30,000AEDの罰金及び免許停止

まとめ

ドバイでは、タクシーなど自動車での移動がメインとなりますが、メトロやトラムも非常に便利です。(行ける場所は限られますが…)

そして「渋滞がない」のは、他の交通機関にはないメリットです。(ドバイは渋滞も多いのです)

ドバイに行かれた際には、ぜひ利用してみてください。