Chromebookをサブ機として買ってみた。これはおすすめ「IdeaPad Duet 」

今回は、昨秋に購入したChromeBookのご紹介です。

使う用途が本機種とマッチしていれば、かなりお買い得なパソコンになると思います。

メイン機として、アップルシリコン搭載のMacbook Air 13inchを買いまして、外出用・出張用にChromebookを購入しましたので、その用途での使い勝手などをご紹介できればと思います。

目次

Chromebookとは

Chromebook(クロームブック)とは、Googleの開発したOS:ChromeOSを搭載したコンピュータ・デバイスです。タブレットに近いものからノートパソコン型まで複数の商品が販売されています。

今回購入したChromebook (おすすめ)

購入したのはLenovoのIdeaPad Duet Chromebookです。

Lenovo(レノボ) 10.1型 ノートパソコン Lenovo IdeaPad Duet Chromebook ZA6F0038JP(CHROME)

この機の特徴は、キーボードを取り外して、タブレットのようにも使える、ということです。

軽くて持ち運びやすくて、タブレットのようにも使えて、キーボードも付属しているので、chromebookの中でもオススメの機種です。画面が少し小さいので、その点は注意が必要です。(画面は10インチの大きさです)

左から本体・背面カバー・キーボード

他の付属品は、電源アダプタとヘッドフォンジャック・アダプタのみ。

おすすめchromebook
USB-C-Aケーブルと電源アダプタ

端子はUSB-C端子が一つのみ。

おすすめchromebook
右側面にUCB-C端子と電源・音量ボタン

ヘッドフォンジャック・アダプタは、オンライン会議や音楽・動画視聴に便利です。

おすすめchromebook
ヘッドフォンジャックUCB-C変換アダプタ
おすすめchromebook
裏面とディスプレイ上にカメラあり。オンライン会議もできます。

Chromebookは金額が安い

Chromebookは、様々な価格帯ものがありますが、比較的安いものが多いです。

今回購入したideapad Duetは、Lenovoの公式サイトでも税込42,636円と、パソコンにしてはかなり安いです。サブ機として購入しやすいのではないでしょうか。

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookのスペック

プロセッサーMediaTek Helio P60T プロセッサー ( 2.00GHz )
初期導入OSChrome OS
ディスプレイ10.1″ WUXGA IPS LEDバックライト 光沢あり
マルチタッチ対応(10点) 1920×1200
メモリ4.0GB LPDDR4X (オンボード)
ストレージ128GB
バッテリー2セル リチウムイオンポリマーバッテリー
ブルートゥースBluetooth 4.2
内蔵カメラ800万画素 AFカメラ(背面)
200万画素 カメラ(インカメラ)
Officeソフト付属なし

アマゾンではアマゾン限定のIdeaPad Duet Chromebookがあります。ストレージが通常の半分の64GBしかないモデルです。当初は金額が安かったのですが、今は同じ価格で128GBのものがありますので、128GBの方がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

場末のファイナンシャルプランナー。得意分野は、保険とローン・資産運用。自社では、食品卸・輸出・旅行手配も行ってます。猫と音楽とガジェット類が好き。

目次
閉じる