住宅/ローン

ローン金利引下げで借換チャンス?

2015年2月1日

  1. HOME >
  2. FP/マネー >
  3. 住宅/ローン >

ローン金利引下げで借換チャンス?

2015年2月1日

住宅ローン金利の引き下げに関するニュースが流れています。

”固定型の住宅ローン金利は、指標となる長期金利が日銀の大規模な金融緩和を背景に、一時0.2%を割り込んで過去最低の水準をつけるなど、歴史的な低水準で推移していることを受けて、大手銀行の間で引き下げる動きが相次いでいます。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行は、10年固定型の住宅ローンの金利について、最も優遇された場合で今月の年1.15%を来月から1.1%に引き下げます。 これらの金利はいずれも過去最低だった今月をさらに下回り、これまでで最も低い水準です。”

世界的に、こんなに住宅ローン金利が低い国は例を見ないのではないでしょうか?

銀行も普通預金等では利益も出せないですし、まだ企業貸し出しも増えていないですし、個人向け市場だと住宅ローンは大事な商品でしょうから、顧客獲得のために今後も下がる可能性もありますね。

実はこれまで僕は、セミナーや個別相談では変動金利をお勧めしてきたのですが、これからは固定金利の方が良いかもしれませんね。変動金利の方は借り換えのチャンスもかもしれません。



  • この記事を書いた人

Dr.Mory

金融業界歴22年のファイナンシャルプランナー。得意分野は、保険とローン・資産運用。旅行業界の経験から旅行プランニングも行ってます。猫と旅行・ガジェット類が好きです。

-住宅/ローン
-

© 2020 FPと旅行の情報サイト | Dr.Mory.com