FP/マネー

Go To トラベルとは?使い方・割引額も試算してみました

2020年6月27日

  1. HOME >
  2. FP/マネー >

Go To トラベルとは?使い方・割引額も試算してみました

2020年6月27日

6月19日から都道府県を超えての移動が解禁となりました。さっそく、観光地などへは多くの人が訪れているようです。
今回は、コロナで大打撃を受けた観光業への支援策でもある「Go To キャンペーン」のうちの一つ「Go to トラベル」について取り上げます。

キャンペーンでは、旅行支援として代金の割引があったり、クーポンがついたり、計算なども少々ややこしいので、その辺りをわかりやすく解説してみました。

Go To トラベルとは

Go To キャンペーンの一つです。

Go To キャンペーンとは、新型コロナウイルスの感染拡大による観光需要の低迷・外出の自粛等の影響により、被害を受けた地域の多様な産業に対し、人の流れと街のにぎわいを創り出し、地域を再活性化するための需要喚起キャンペーンのことです。

Go To キャンペーンには、「Go To Travel」「Go To Eat」「Go To Event」「Go To 商店街」の4つがあり、旅行に関するキャンペーン施策が「Go To Travel(トラベル)」になります。

Go To キャンペーンについてはこちらもお読みください。
Go To キャンペーンとは?

Go To トラベルの内容

Go To トラベルは、1兆6,794億円もの予算を計上している一大キャンペーンです。その内容を列記すると下記のようになります。

旅行代金の一部を国が負担してくれる

GoToトラベルは、旅行代金の一部を国が補助してくれるキャンペーンです。

  • 国内旅行(宿泊旅行・日帰り旅行)が対象
  • 旅行代金の1/2相当額を支援。
  • 1人1泊あたり2万円が上限
  • 日帰り旅行については1万円が上限
  • 連泊制限や利用回数の制限なし。
  • 支援額の内、①7割程度は旅行代金の割引、②3割程度は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与
  • 開始時期は感染症の専門家の意見等も伺いつつ検討。

このように、消費者が旅行に行きやすいように、旅行代金の一部を国が出してくれるというものです。旅行代金が安くなるので、皆さん旅行にお出かけください!というキャンペーンになっているのです。

Go To トラベル
出典:Go To トラベル事業(観光庁)

詳細は下記で解説しますが、旅行代金の割引とクーポンがセットになっているのがポイントです。

地域共通クーポンとは

Go To トラベルは、国が旅費の一部を支援してくれる内容となっています。
これらは、実質旅行代金を割り引く、というものと、旅行先で使えるクーポンとしてもらえるという、2種類の方法で支援してもらえます。

Go To トラベル
出典:Go To トラベル事業(観光庁)

旅行先で使えるクーポンの概要は以下のようになっています。

  • 1枚1,000円単位で発行する商品券。お釣りなし。 (1,000円未満は四捨五入)
  • 支援額3割程度を地域共通クーポンとして配布。

Go To トラベル内容の詳細解説

Go To トラベルキャンペーンの内容を解説します。

Go To トラベルキャンペーンはいつから?

7/22(水)からスタートとなります。
また「いつまで」という期間に関しては、今の明記されていませんが、キャンペーンの予算がなくなったら終了と書かれています。

交通機関のみは割引対象外

このキャンペーンは国内旅行のみが対象となりますので、海外旅行は不可です。

また、宿泊と交通機関がセットになったパッケージ旅行の場合は交通機関分も割引対象となりますが、マイカーを使って高速道路で移動とか、飛行機を自分で手配、などの場合の交通機関の料金は対象となりませんので、ご注意ください。

Go To トラベル事業
出典:Go To トラベル事業(観光庁)

割引上限は2万円

国が支援してくれる金額は、1人につき1泊あたり2万円が上限です。1泊あたりですので、2泊3日の旅行でしたら上限4万円、5泊6日でしたら上限10万円ということになります。
日帰り旅行は、1人1万円が上限です。

下図は、1泊10万円の場合の例です。1/2支援ですと5万円までとなるのですが、上限額が2万円となっているため、2万円までしか支援はされません。

Go To トラベル
出典:Go To トラベル事業(観光庁)

旅行代金の割引は最大35%

ここが少しややこしいところなのですが、このキャンペーンは旅行代金の1/2を支援となっていますが、旅行代金の割引は70%で、残りの30%は旅行先で使えるクーポンで渡す、という内容になっています。
つまり、実際の旅行代金は最大で35%引きとなります。そして、旅行代金の15%相当額をクーポンで受け取ることになります。

クーポンは紙媒体と電子媒体

Go To トラベル
出典:Go To トラベル事業(観光庁)

地域共通クーポンは、商品券のように紙のものとスマホ等で使える電子クーポンの2週類があるようです。1枚1,000円単位で使用でき、おつりは出ないルールとなっています。900円のものをクーポンで買ってもおつりはないということですね。

回数制限なし!

連泊制限も利用回数の制限もありません。何泊しても何度行っても大丈夫ということです。そうはいっても予算がありますので、どのように商品販売が行われていくかは注視しておく必要がありそうです。

消費税の扱いは?

対象となる旅行代金やクーポンは、税込となるようです。具体的な計算例は、詳細が発表になってから記載します。

go To トラベルの申し込みや手続き・申請方法

このキャンペーンは、宿泊施設や旅行代理店・予約サイトで対象となる旅行商品に申し込むだけでよいため、ご自身で還付請求したり申請したりといった手続きをする必要はありません
通常の旅行と同じく、旅行代金を支払えばOKです。

注意:7/22(水)からキャンペーンが開始しますが、その前に既に予約しているものに関しても対象となります。ですが、キャンペーン開始前に予約したものに関しては自身で割引分の払い戻しを申請する必要があります。具体的な方法についてはこれから、となっています。

キャンペーン前に旅行を申し込んだ場合

キャンペーン前に既に予約済みの旅行に関しては、7/22(水)以降に出発するものが対象となります。割引分のお金に関しては、後日申請をして戻してもらう手続きが必要となります。

旅行代金の割引額を計算してみた

Go To トラベルキャンペーンを使った場合に、実際のパッケージツアーだとどのくらいの旅行代金が割引になるのかを試算してみました。(現状では消費税の取り扱いが不明なため、税金は加味しないで計算しています)

2泊3日の北海道旅行ツアーに行った場合(往復飛行機・レンタカー付)

旅行代金67,800円のツアー旅行に行ったとした場合の試算です。

goToトラベル
試算①
旅行代金67,800円
支援上限40,000円(2万円×2泊)
割引額23,730円(割引率 35%)
実際に支払う金額44,070円
クーポン10,000円分

旅行代金の1/2が支援上限までは達していないので、代金67,800円に対して、44,070円の支払いとなります。そして、旅先で使えるクーポンが10,000分ついてきます。(*計算上は10,170円分なのですが、1,000円未満は四捨五入されるので)

箱根の高級旅館に宿泊した場合(1泊2日)

次に、高級旅館に宿泊した場合を計算してみました。

GoToトラベル
試算②
宿泊代金53,000円
支援上限20,000円(2万円×1泊)
割引額20,000円(割引率 26.4%)
実際に支払う金額39,000円
クーポン6,000円分

これは、支援上限を超えてしまう場合の例です。このケースでは、割引率は26.4%にとどまり、クーポンも6,000円分のみとなります。
そうはいっても、本来53,000円のところを39,000円で良いのですから、かなりお得です。

日帰りバスツアーに参加した場合

日帰り旅行の場合の試算です。こちらは、支援上限が1万円になるだけで、計算方法などは、宿泊旅行と同じです。

旅行代金11,490円
支援上限10,000円
割引額4,022円(割引率 35%)
実際に支払う金額7,469円
クーポン2,000円分

上記のケースの場合、クーポンは計算上1,724円分なのですが、1,000円未満は四捨五入されるので、2,000円になり、少しお得です。

まとめ

Go To トラベル・キャンペーンについてまとめてみました。

観光庁からの発表は、実際の割引とクーポンを合わせて表現されていたりして、少し複雑なので、旅行代金の試算もしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

今年の行楽シーズンは、このキャンペーンを使って、お得に旅行に行きましょう!

  • この記事を書いた人

Dr.Mory

金融業界歴22年のファイナンシャルプランナー。得意分野は、保険とローン・資産運用。旅行業界の経験から旅行プランニングも行ってます。猫と旅行・ガジェット類が好きです。

-FP/マネー

© 2020 FPと旅行の情報サイト | Dr.Mory.com