FP/マネー 保険

iPhone12miniを購入。Applecareに加入した方が良い?

2020年12月8日

  1. HOME >
  2. FP/マネー >
  3. 保険 >

iPhone12miniを購入。Applecareに加入した方が良い?

2020年12月8日

iPhone12Miniを購入しました。ネットで注文→店頭で受け取りをしたのですが、店員さんに「画面修理代が高いのでアップルケアにはぜひ入っておいて下さいね!」と言われました。

以前も記事にしたのですが、iPhoneを購入した時は、アップルケアに加入した方が良いのでしょうか?
今回は、購入したiPhone12 miniを対象に解説をしたいと思います。

アップルケア+で得をすることはない

まず、最初にアップルケア+とは何かを考えてみましょう。

アップルケア+は、修理などのサービスを「少額で受けられるサービス」です。

いわゆる「保険サービス」の一種です。保険の掛け金のように、事前に料金を払っておくことで、画面が割れたり等の修理が必要な際に、安く済む・支払わないで済む、というサービスです。

(保障の詳細内容は以前の記事AppleのHPを確認して下さい)

つまり、

アップルケア+に加入お金を先払いしておく
アップルケア+に未加入先には払わないが、何かあったら修理代を払う

ということですので、先に払うか後で払うかの違いであって、修理等に出す際は必ず出費が発生するので、アップルケアを使う状況になったら、ケアに加入していようがいまいが100%損する、ということも覚えておきましょう。

先に払っておくべきか後払いにすべきか

では、最初からアップルケア+に加入してお金を払っておくのが良いのか、後で修理代を支払うようにしておけばよいのか、どちらを選ぶのが得策なのでしょう?

実例で検証してみたいと思います。

今回購入したiPhone12miniの画面修理を出す際のケースで、アップルケア+加入と未加入でどのくらい差が出るのかを確認してみます。

アップルケア+は2年間のサービスですので、下記のようなケースで考えてみました。

2年の間に1回修理

 アップルケア代修理代合計出費
アップルケア+加入18,480円3,700円22,180円
アップルケア+未加入0円27,280円27,280円

2年の間に2回修理

 アップルケア代修理代合計出費
アップルケア+加入18,480円7,400円24,200円
アップルケア+未加入0円54,560円54,560円

 

修理に出さない

 アップルケア代修理代合計出費
アップルケア+加入18,480円0円18,480円
アップルケア+未加入0円0円0円

 

見ていただいたらわかるように、損をしない一番の方法はアップルケア+に加入せず修理にも出さないこと(当たり前..)ですが、修理に出すケースを考えると、アップルケア+に加入した方が良いのは

1年に1回は修理に出す人

です。
アップルケア+に未加入でしたら、54,560円もの出費を強いられます。

ですから、年に1回以上修理に出す人は、アップルケア+代金と修理代の約24,000円=月額1,000円は自分にとっての必要コストとして割り切って加入すべきです。


2年に1回程度、修理に出すような人は、アップルケア+に加入している方が5,000円ほど出費が少なくて済みます。
2年=24ヶ月で割ると、月々約208円の差ですので、加入するかどうかは個人の判断で決めて良いと思います。

考え方としては、

  • 2年の間で5,000円多く支払うかもしれないけれど、今は1円も出さない(=加入しない)
  • 2年の間で5,000円出費が減るかもしれないので、今、18,400円(アップルケア+代)を支払う(=加入する)

という選択肢になります。

個人的には、現時点で損を確定させたくないので、僕はアップルケア+には加入しません。今まで一度も画面を割ったり修理に出したことはないので、2年で5,000円多く支払うことになるもしれませんが、未加入を選択します。

iphone12-applecare必要
頑丈だってアップルさんも言ってるし

ちなみに、僕は数回iPhoneを落としていますが、運良く画面が割れたことはありません。この保護シートを使っています。安い割には評価も高いので、保護シートを探している方はご検討どうぞ。

「アップルケアに加入」以外の方法で解決できる?

アップルケアに加入すべきかどうか悩むのは、高額だからだと思います。アップルケアが1,000円とか2,000円で加入できるのだったら、ほとんどの人が悩まないのではないでしょうか。

ここで大切なのは

万が一修理に出す際にその修理代の負担をいかに安くするか

ということだと思います。

アップルケア+も負担を減らすための一手段でしかないわけです。

そこで、他の手段=スマホを対象にした民間の保険をチェックしてみましょう。

複数の会社がスマホ補償の保険を出しています。今回は下記3社を比較してみます。

運営会社商品(サービス)名補償金額月額保険料備考
さくら少額短期保険(株)モバイル保険最大10万円700円

・端末3台まで補償
・保険期間1年(自動継続)

Mysurance株式会社スマホ保険1事故につき最大10万円
(年間20万円まで)
470円・格安SIMのみ対象(3大キャリアの場合は契約不可)
・修理の際、自己負担3,000円が必要
・保険期間1年(自動更新)
株式会社 justInCaseスマホ保険最大79,800円1~3か月目:
689円
4か月目以降:
482円
・保険期間3か月(自動更新)

アップルケア+と民間保険の比較

これらの保険とアップルケア+を比べてみましょう。
アップルケア+と同じ補償期間(=2年)でiPhone12miniが対象です。

サービス名/運営会社2年の合計保険料修理時自己負担
アップルケア+18,480円画面修理)3,700円
その他) 12,900円
モバイル保険
(さくら少額短期保険)
16,800円なし
スマホ保険
(Mysurance)
11,280円3,000円

スマホ保険
(justInCase)

11,707円なし

アップルケアは、補償内容と価格のバランスでいうとかなり高いですね。補償のためにアップルケア+を選ぶ理由は、そんなにないように感じますが、皆さんはいかがですか?

ちなみに、iPhone 12 Pro・Pro Maxの場合は、アップルケア+の加入代金が25,080円ですので、さらに高額になります。

補償内容に対してアップルケア+は料金が高いので、修理に対しての何らかの補償をつけておきたい場合は、民間の保険を選ぶのも良いと思います。

アップルケア+には「電話サポート」「海外での補償」「エクスプレス交換」といった加入メリットがありますので、そこを重視するかどうか、そして高いのを承知でアップルケア+に加入する、という選択もありです。加入自体を否定しているわけではありません。

スマホ向け保険の内容詳細を比較してみましたので、こちらも併せてお読みください。

【2021年】スマホ向け保険を比較してみた

iPhoneを購入した際のApplecare+加入の必要性についての記事を書きました。 記事内では、「Applecareは不要です。未加入だと不安な方はスマホ向け保険の方が安いしオススメです」と書いた ...

続きを見る

まとめ

アップルケア+についてみてきましたが、いかがでしょうか?

アップルケア+に加入したら得をする、ことはありません。修理に出す場合は、アップルケア+に加入していてもしていなくても自己負担額が発生し、事前にアップルケア代を払っているです。

自己負担をなるべく抑えたい方・でも何らかの補償は得ておきたい方は、高いのを承知でアップルケア+に加入するか・民間の保険を検討してみて下さい。

いずれにしても、

  • 「アップルケア+や保険に加入して先払い」か「今は支払わず修理の際に支払う」
  • どのくらいの頻度で修理に出す可能性があるか

といった観点で加入の有無を検討されると良いと思います。

アップルケア+は保険商品と言ってよいサービスなので、自分の環境に必要かどうか、を考え、他社商品と比較を行った上で加入することをおすすめします。

  • この記事を書いた人

Dr.Mory

場末のファイナンシャルプランナー。得意分野は、保険とローン・資産運用。自社では、食品卸・輸出・旅行手配も行ってます。猫と音楽とガジェット類が好き。

-FP/マネー, 保険